弁護士に依頼することはプラスに働く

証明してもらうということは、私達個人では行えない事です。誰かにそれを証明してもらうことによって、はじめてそのことが確立される、ということでもあります。後遺障害もまさにそうであり、私達が単に自分が後遺障害を負っていることを主張し続けるだけでは、表面上は誰もそれを認めてはくれないのです。

後遺障害を負ったことによって仕事に調整を加える必要性が生じた時であっても、後遺障害の認定があるかどうかでは、対応が大きく異なることでしょう。その『証拠』を迅速に受けるために、私達は後遺障害の『認定』も、弁護士に依頼して受けることができます。あくまで統計ですが弁護士に依頼した方が多くの賠償金を受けられるという統計があります。弁護士費用はあくまでマイナスとしての形状となりますがそれ以上のプラス面が、弁護士に依頼することで発生する、と言えます。

弁護士に依頼するということは私達が自分たちの問題をどこかに押し付けることでは決してありません。私達の生活を守っている法律が決めた、私達を守るための手段なのです。ですから、交通事故を含め、法的トラブルが発生した際は、得に難しい問題であればあるほど、弁護士への相談を考えてみると、良いでしょう。

等級認定は必須である

その証明は第三者から分かるような形で行われなければいけませんが、この場合においてその証明とは『等級』を認定されるという形で行われます。等級は主に『介護が必要』とされる1級と2級、それ以外の等級として1級から14級があり、それらの等級に個人の症状があてはめられ等級が決められます。ただし、人によっては同じような症状であっても、実際に割り当てられた等級が異なる、ということがあります。例えば、あくまで例えですが全く同じ人が全く同じ症状を背負い、等級認定を受けたとき、私達個人だけで手続きを行うか、または弁護士に依頼して弁護士基準で行ってもらうか、という点では受けられる保障に大きな差が発生することがあります。

なぜこの等級が大切なのか、それは『慰謝料』にも繋がる話です。慰謝料とは身体的、また精神的な損害を受けた側に支払われるものですが、後遺障害の等級が上がることによってその慰謝料の額も変わります。ただしそこには保険会社が決める基準と、弁護士の側が決める基準があり、弁護士の側が決める基準の方が高額になっていますから、そこで受け取ることができる慰謝料の額に、差が発生する可能性がある、ということです。これはケースにより異なりますが、過去の事例でもあります。

後遺障害の証明と弁護士

法律を認識する助け、ということは、単に私達が法律の条文を知る、ということだけではなく、その内奥にある部分も知る、ということです。例えば、交通事故における私達に被害において後遺障害はあとあとまで引きずるものです。時間が経過すれば完治してしまう怪我とは異なり、多くの場合その症状と一生向き合っていかなければならないこともあります。私達は法律で守られている故、その『向き合っていかなければならない』文の保障…いわば、それに関わる治療費や通院費などを受け取る義務がある、と言えます。それを支払うのはその事故のもともとの原因となった、いわば『加害者』側です。しかし、加害者側は無条件でそれを支払ってくれるわけではありません。私達が『後遺障害』を事故によって負ったということを、証明しなければならないのです。それによってはじめて、私たちが保障を受ける条件が整う、と言えます。

その『証明』において、私達が個人一人では不利になってしまうという事実もあります。個人の頑張りだけでは、それを証明するのには力不足となることがあります。しかし、弁護士がいるなら、私達の強い後ろ盾となってくれるので、その証明という行為において、被害者の側に有利に働きます。

法律と弁護士―私達を守るもの

『法律』は私達の生活を縛るものではありません。むしろ、私達の生活の「安全」を確立するために必要なものである、と言えます。もしこの世の中に法律が無ければ、今のような社会は成立していません。そのような中で生活している私達は、誰もがそれを遵守することによって、その社会を成り立たせている、と言えます。さて、私達にとってより重要なのは、その法律たちが自分たちの生活にどのくらいの意味があるのか、という点です。私達は確かに自分たちの知らない法律はあるかもしれませんが、それでもそれが自分たちにとって意味をなさない、ということはありません。そこに法律は存在するのであり、その対象となるのは例外なく私達だからです。

私達も、普段は見えているようで見えていない、そのような法律と向き合わなければならない時が来るかもしれません。普段の生活であれば必要が無いと思えるようなそれも、その時が来てしまえば、必要である、ということが実感できるのです。それには、もっと私達にとって、身近な法律であることに違いはありません。例えば、交通事故に遭って私達が後遺障害を負った時、その私達を守ってくれるのはやはり法律でありますが、その法律に関して詳しく知らないと、私達は受けるべき保障を受けることができません。

そういう時のために、弁護士という法律のプロがいます。私達の知らない法律についてよく知っていますから、いざというとき、私達が法律を認識する助けになってくれます。