法律と弁護士―私達を守るもの


『法律』は私達の生活を縛るものではありません。むしろ、私達の生活の「安全」を確立するために必要なものである、と言えます。もしこの世の中に法律が無ければ、今のような社会は成立していません。そのような中で生活している私達は、誰もがそれを遵守することによって、その社会を成り立たせている、と言えます。

さて、私達にとってより重要なのは、その法律たちが自分たちの生活にどのくらいの意味があるのか、という点です。私達は確かに自分たちの知らない法律はあるかもしれませんが、それでもそれが自分たちにとって意味をなさない、ということはありません。

そこに法律は存在するのであり、その対象となるのは例外なく私達だからです。私達も、普段は見えているようで見えていない、そのような法律と向き合わなければならない時が来るかもしれません。

普段の生活であれば必要が無いと思えるようなそれも、その時が来てしまえば、必要である、ということが実感できるのです。

それには、もっと私達にとって、身近な法律であることに違いはありません。例えば、交通事故に遭って私達が後遺障害を負った時、その私達を守ってくれるのはやはり法律でありますが、その法律に関して詳しく知らないと、私達は受けるべき保障を受けることができません。参照元>交通事故後遺障害

そういう時のために、弁護士という法律のプロがいます。

私達の知らない法律についてよく知っていますから、いざというとき、私達が法律を認識する助けになってくれます。

「弁護士に依頼することはプラスに働く」